アロマセラピー検定に確実に合格するための情報。楽しく合格する情報をご提供します。

アロマセラピーってなに?


アロマセラピーとは、日本語では「芳香療法」といわれています。
アロマセラピーは、薬効特性のあるハーブから抽出した精油を用いて、 香りの効果により心身の不調の改善や予防を行ったり、精神的なリラックス作用をさせる健康法のことです。
その香りを楽しみながら、より豊かなライフスタイルを提案したり、 疲労やストレスの多い現代人を、香りによって心身共に癒す人の事を、 「アロマセラピスト」や「アロマコーディネーター」と呼びます。
1999年秋からスタートした「アロマセラピー検定」は、アロマセラピストを目指す人にとって入門ともいえる資格なのです。

アロマセラピー検定に合格するためには、講座や学校に通うことも必要です。

スポンサードサイト


アロマセラピストの活躍の場

アロマセラピストは、主にアロマショップやアロマサロンに就職したり、アロマインストラクターとして活躍します。 また、知識と経験を積むことで独立開業する人もいます。
最近では、香りがもたらす癒しの効果が、医療の分野でも注目されており、 アロマセラピーは代替療法の一つとしてとして需要も高まっています。


アロマセラピー検定の種類


日本アロマテラピー協会が行なっているアロマセラピーの検定の種類は、現在5種類あります。

・アロマセラピスト
・アロマセラピー インストラクター
・アロマセラピー アドバイザー
・アロマセラピー検定1級
・アロマセラピー検定2級

アロマセラピー検定2級とアロマセラピー検定1級は、誰でも受験する事が可能です。
アロマセラピーアドバイザーはアロマセラピー検定1級合格後、日本アロマセラピー協会の会員になり、協会主催の認定講習会を受講すれば、アロマセラピーアドバイザー資格が認定されます。
また、インストラクター、アロマセラピストはアロマセラピーアドバイザーの資格を持つ人だけが受験可能な上級試験となっています。


アロマセラピー検定の時期と概要


検定試験は春と秋の年2回実施されます。
また、試験は選択解答式となっており、アロマセラピー検定で特徴的なのは、実際に香りを嗅ぎ分けるテストがあることです。

検定で出題される精油の種類は、アロマセラピー検定2級で10種類、 アロマセラピー検定1級では、アロマセラピー検定2級の10種に加えてさらに10種類の、合計20種類の香りの嗅ぎ分けが必要です。

実施月は、5月と11月
実施都市は、全国で10カ所。札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・松山・福岡・沖縄
受験料は、2級 6,300円(税込)、1級 6,300円(税込)となっています。


アロマセラピー検定のお勉強


アロマセラピー検定も、独学ではなかなか合格しないモノ。 合格するためには、それなりの教科書と道具が必要です。
近くの、アロマセラピーのお店で教えてもらうのもいい手かも知れません。
また、同じ目的を持った他の人と一緒に勉強するのも、三日坊主にならないためは良いことです。
今は、いろんな教材や道具がネットでも手にはいるようになりました。また、アロマセラピー専門の通信教育も充実しています。
あなたにあったアロマセラピーの教材を探すことが、楽しく合格する近道ですね。


スポンサードサイト

アロマセラピー ニュース

スポンサー

受験生や資格試験を受ける人のための頭がよくなるサプリが人気です。
アロマの資格を十分に生かせるのが、アロマテラピー検定試験の内容や受験対策などをお知らせします。

アロマテラピー検定のトップに戻る


Copyright 2006-2009 アロマセラピー 検定 All rights reserved.